Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

「技術」を「事業」につなげるソリューションカンパニー

32 分光分析の専門メーカー

32 分光分析の専門メーカー
株式会社 相馬光学
株式会社相馬光学では高度な分光技術で、光と物質の相互作用から物質の分析・同定を、光のスペクトルでLEDや光源などの正確な評価装置を開発製造しています

【本技術の特徴】
分光分析装置の中の近赤外に関する装置は殆どが外国製であり、国産の装置はあまり見受けられない。農業/医療等、近赤外の応用分野は広く、益々、注目されて伸びて行く技術である。

【本技術の応用事例・想定用途】

■ 分光放射計:
太陽光、LED、照明器具等の分光放射照度を紫外線から近赤外線の広い波長範囲(200~2500nm)で測定可。使途として、ソーラシミュレータ、LED、照明器具の照度測定に使用。


■ 近赤外分光装置:
まぐろ脂肪含量測定装置:PiPiTORO
漁獲物の適正評価、付加価値向上に貢献し漁業の発展に寄与する


■ 食肉脂質測定装置:
牛肉や豚肉の脂質を非破壊で迅速に測定し、これまで人の感覚に頼ってきた品質検査を数値化。

■ その他:
吸光度モニタ波長可変分光検出器、ハンディ蛍光顕微鏡、プラント専用検出器、ガス分析装置、飼料成分測定装置など
本技術と企業の説明PDFのダウンロード

Return Top