Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

「技術」を「事業」につなげるソリューションカンパニー

有望技術紹介

Category
72 迅速微生物検査を実現する光濃縮システム

72 迅速微生物検査を実現する光濃縮システム

株式会社村田製作所 素早く高感度に細菌などの微生物検査を行うことができる「光濃縮システムを使った迅速微生物検査装置」を大阪府立大学と共同開発した。 【本技術の概要】 食品業界では、食中毒の予防、食品の衛生管理、品質・安全性評価、食規格・基準の判定など、細菌検査を実施する局面が多くある。また、グローバル化にともない食品の...
71 熱中症を事前に感知する専用ウエア

71 熱中症を事前に感知する専用ウエア

東レ株式会社 熱中症を事前に防止するため、東レ、NTT、ゴールドウインの3社は、心拍数、加速度と温湿度を計測するセンサーを搭載した専用ウェアを製品化した 【本技術の概要】 近年の温暖化による暑さ対策として、炎天下や空調が届かない環境で活動する人の身体負担を把握したいという要望は益々高くなっている。一方、暑さへの慣れには...
70 注射剤用途のドラッグデリバリーシステム

70 注射剤用途のドラッグデリバリーシステム

旭化成株式会社 注射剤用途に適したドラッグデリバリーシステム(DDS)向けの「ヒアルロン酸ナノゲル」の工業的製造技術が確立され、サンプルを提供ができるようになった。 【本技術の概要】 中外製薬が開発した「ヒアルロン酸ナノゲル」技術は、旭化成が専用実施権を得て、この度、工業的製造技術を確立した。これにより、頻回投与が必要...
69 インフレータブル構造を実現する三軸織物

69 インフレータブル構造を実現する三軸織物

サカセ・アドテック株式会社 力を加えずに膨らんで元に戻る三軸織物の技術を活用した人工衛星用アンテナ材料で世界シェア60%を獲得している。単純な織物構造ではあるが、これからその応用範囲は広い。 【本技術の概要】 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2022年度打ち上げを予定する技術実証衛星に、特殊繊維加工のサカセ・アドテッ...
68 自然光を用いるカラー多重ホログラフィー

68 自然光を用いるカラー多重ホログラフィー

情報通信研究機構(NICT) カラーフィルタが不要で、1回の撮影により自然光による立体物をマルチカラーのホログラムとしてセンシングできるシステムを開発した。 【本技術の概要】 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、学校法人桐蔭学園桐蔭横浜大学および国立大学法人千葉大学...
67 体温で自己粘着するシート

67 体温で自己粘着するシート

三井化学株式会社 ヒトの体温を感知して、接着剤を使わなくても粘着力を発現する体温感知自己粘着シートを開発した。 【本技術の概要】 三井化学株式会社は、ヒトの体温を感知して、自己粘着を発現する体温感知自己粘着シートを開発した。シート自体が持つ自己粘着性のため、糊を使用することなく、シートそのものを人肌で加温することにより...
66 貴金属を使わないアンモニア合成触媒

66 貴金属を使わないアンモニア合成触媒

東京工業大学 アンモニアの人工合成反応でルテニウムなどの貴金属を使わず、窒化ランタン(LaN)表面の窒素空孔を反応場として利用する高い合成活性を持つ触媒を開発した。 【本技術の概要】 東京工業大学元素戦略研究センターの細野秀雄栄誉教授、同センターの叶天南(Tian-Nan Ye)特任助教、 北野政明准教授らは、単独では...
65 薄型で伸縮自在なスキンディスプレイ

65 薄型で伸縮自在なスキンディスプレイ

大日本印刷株式会社 皮膚上に貼り付けたディスプレイに外部から送られた画像メッセージを表示できるコミュニケーションシステムで、スマートフォン、タブレット端末に匹敵する新たなデバイスである。 【本技術の概要】 東京大学大学院工学系研究科長・染谷隆夫教授の研究チームと大日本印刷株式会社(DNP)は、独自の伸縮性ハイブリッド電...
64 COVID-19を除去する紫外線照射ロボット

64 COVID-19を除去する紫外線照射ロボット

株式会社ファームロイド 新型コロナウイルスの感染対策のため、医療施設、介護施設、公共施設などでの消毒・滅菌を担う国産ロボット「UVBuster」が実用化された。 【本技術の概要】 バイオエンジニアリングの株式会社ファームロイドは、板橋区と日本大学医学部附属板橋病院の産官学による取り組みとして、紫外線照射ロボット「UVB...
63 イネのもみ殻を原料とする吸着・吸臭剤

63 イネのもみ殻を原料とする吸着・吸臭剤

ロート製薬とソニー イネのもみ殻を原料とした多孔質炭素材料に、従来の活性炭より優れた体臭吸着および原因菌捕捉効果を発見した。 【本技術の概要】 ロート製薬とソニーの共同研究により、余剰バイオマスであるイネの籾殻(もみがら)を原料とした多孔質炭素材料『トリポーラス』が、加齢臭の原因である2-ノネナールをはじめとする各種体...
62 フレキシブル熱電変換デバイス

62 フレキシブル熱電変換デバイス

大阪大学産業科学研究所 大阪大学の研究グループでは、小型・軽量で高効率フレキシブル熱電変換デバイスの開発に成功した。 【本技術の概要】 大阪大学産業科学研究所の菅原徹准教授(先端実装材料研究分野)と工学研究科の伊庭野健造助教らの研究グループは、精密な半導体チップ加工と実装プロセス、新規の実装材料を採用することで、超小型...
61 導波路型合波器とメガネディスプレイ

61 導波路型合波器とメガネディスプレイ

福井大学産学官連携本部 福井大学などの研究グループはRGBのレーザー光3本を1本のビームにまとめる導波路型デバイスを開発した。これによりレーザー走査型ディスプレイの小型化に成功し、さらにメガネ型ディスプレイへの応用を目指している。 【本技術の概要】 福井大学産学官連携本部の勝山教授と中尾教授は、RGBのレーザー光を一本...
60 生体深部温度の輝尽発光による計測技術

60 生体深部温度の輝尽発光による計測技術

東北大学大学院工学研究科 心肺停止時の脳保護に有効な生体深部温度を簡便、低侵襲で観測する生体温度センシングの要素技術を確立した。 【本技術の概要】 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻の大橋昌立氏(当時、大学院修士課程)と寺門信明助教、高橋儀宏准教授、藤原 巧教授らは、独立行政法人国立病院機構仙台医療センターの尾上紀...
59 皮膚に貼るナノシートウエアラブルデバイス

59 皮膚に貼るナノシートウエアラブルデバイス

早稲田大学リサーチイノベーションセンター 高分子ナノシートの柔軟性と密着性を活用して、直接皮膚に貼り付け、体温・血圧などの生体情報を収集するウェアラブルデバイスを開発した。 【本技術の概要】 早稲田大学リサーチイノベーションセンターの研究グループは、高分子ナノシートの柔軟性と密着性を利用し、熱処理を用いない手法で電子素...
58 睡眠時無呼吸を検出するウエアラブルデバイス

58 睡眠時無呼吸を検出するウエアラブルデバイス

株式会社oneA 首もとに付けるだけで、気道内で発生する呼吸音から睡眠中の呼吸の状態を測定するウェアラブルデバイス『Sleeim(スリーム)』を開発、商品化した。 【本技術の概要】 睡眠中にいびき、無呼吸となるいわゆる閉塞性睡眠時無呼吸(OSAHS)の推定患者数は国内で約200万人以上といわれている。85%の人は未診断...
Return Top