CONTENTSコンテンツ

33 自社開発技術における競合技術とのベンチマーク

大手素材メーカーG社では、同社研究所で開発している技術に関して、各技術の業界における位置付けや競争力を把握するために自社内で評価を行っているが、新たな視点や客観的な見方を加えるためにIBLCに評価を依頼した。<実施内容>IBLCでは本プロジェクトを実施するにあたり、業界出身者の専門家(5名)で

3 中期重点領域における新規テーマの客観的評価

研究開発テーマの評価・選択化学メーカーC社では、中期重点領域の一つとして「電子材料分野」を取り上げ、自社の研究者から提案された新規テーマ(10テーマ)について、外部の視点での客観的な評価を求めていた。実施内容IBLCでは、エレクトロニクス、有機材料、無機材料の専門家(4名)でチームを構成し

TOP