CONTENTSコンテンツ

13 ステンレス、レアアース、チタンなどの真空熱処理技術

株式会社メタルヒート日本最大級の大型真空熱処理装置を用い、鉄鋼を中心とした金属材料の真空熱処理に40年以上の実績を持つ。当社の真空熱処理は、有効寸法650mm(高)×800mm(幅)×1,300mm(長)で、洗浄から熱処理まで全て真空状態で処理する。構成する炭化水素系真空洗浄機は、洗浄開始から洗

11 高精度に仕上げるプラスチック切削加工技術

シナノ産業株式会社数百種類に及ぶ樹脂材料を切削加工で高精度に制作できるシナノ産業は、1990年の設立以来、プラスチック樹脂部品の切削加工に特化し、精度の向上や加工納期の短縮に取り組んでいる。高価な金型を使用しないで、正確、精密、納期厳守をキーワードに、多くの顧客の要望に応じた複雑な形状を高精度に

【040】パワーエレクトロニクス技術の根幹は

池防 泰裕 現在パワーエレクロニクス技術は、我々の生活に必要不可欠な基盤技術となっています。では「パワーエレクトロニクス技術とはどのような技術ですか?」と尋ねると、皆さんはどう答えるでしょうか。きっと人それぞれ様々な答えが返ってくるものと予想されます。これはパワーエレクロニクス技術が基盤技術の

36 高圧回路基板のリークに関するコンサルティング

 精密機器メーカーJ社の事業部では、開発中の装置の高圧回路基板に発生する課題があり、その原因がつかめず対応に苦慮していた。そこで、社内の経験が不足していることもあり、IBLCに課題解決のアドバイスを求めた。<実施内容> IBLCでは、高圧回路に関して実践経験を有する専門家を選び、月1回のペース

【034】染料・色素の分野におけるイノベーション

〜 モノつくりで再び勝ち組になるために 〜瀧本 浩 最近、アベノミクスの成果が徐々に現れつつあるようですが、未だ十分とは言えないようです。主な要因は、少子高齢化による内需の落ち込み及び製造拠点の海外移転による国内設備投資の低迷にあると考えられます。 1970年頃から1990年頃にかけて、日

31 中期計画策定に向けた重要領域における技術開発テーマの選定

大手素材メーカーE社では、将来の重点領域の中から特に力を入れていきたいと考えている「モビリティ領域」の「自動運転社会」をテーマに、自社のコア技術を活かした今後取り組むべき技術開発テーマを抽出し、中期計画に盛り込みたいと考えていた。<実施内容>IBLCではE社の要望を受け、以下のようなスキームで

No.【032】日本企業はいかにして成長するか

竹田 守日本企業はいかにして成長するか 日本経済は、1993年にバブルが弾け2011年の東日本大震災にかけて、失われた20年と呼ばれるデフレ経済に苦しんできた。技術立国として世界経済を牽引した日本企業が、なぜ今の状況に陥ったのか経緯を振り返り、今後いかにして成長すべきか考えてみた。失われ

24 新開発機能性フィルムの用途探索

大手素材メーカーX社の技術戦略部では、当社の研究所で新たに開発した機能性フィルムの用途として、エレクロニクス分野を中心に展開していたが、他分野への展開可能性を検討するために、もっと広い視点から可能性を探るため、様々な業界の事業経験者を多数抱えるIBLCに検討を委託した。実施内容本機能性フィルム

No.【022】建設機械におけるICT化の現状

小野 耕三建設機械におけるICT化の現状 私が建設機械メーカに40年近く在籍していたが、その間の技術者として脂の乗り切った時期に、建設機械のICT化に取り組んでいたことがあった。始めた当時は8ビットマイコンが世に出たばかりで、今なら1枚の小さな電子基板で可能な機能を、小型冷蔵庫くらいの筐体を

No.【019】循環型社会のプラスチック再利用技術

隅田 憲武循環型社会のプラスチック再利用技術「循環型社会の構築」「資源循環」といった環境問題に係わるフレーズを頻繁に耳にするようになって久しいが、ひところに比べてインパクトが小さくなった感がある。モノづくりを生業としておられる方々からすると、自社製品を使用されるユーザが、特段の我慢を強いられ

TOP